カボチャのチーズ茶巾

産経新聞社おさかなジャパンプロジェクトひなちゃんパパレシピカボチャのチーズ巾着
出来上がったカボチャの煮物を器に盛りながら、ママがなぜかため息をついています。「面取りしなかったから煮崩れちゃったのかしら…」
おいしそうに見えるけれど、ママは不満気。煮崩れるのを気にしなくていいカボチャ料理はないかな?
「潰してから丸く茶巾に絞ってみるのはいかが? カボチャの煮物は甘くて苦手、という人にもお勧めのチーズ茶巾を作ってみましょう」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が提案してくれました。
まず、カボチャは皮をむいて一口大に切り、電子レンジで加熱します。「ゆでたジャガイモなどを潰すときに使うマッシャーや木べら、すりこ木で潰してもいいし、裏ごしてもOK。フードプロセッサーにかけてもいいの」と江上先生。
フードプロセッサーを使う場合は、潰した後に加える牛乳、粉チーズ、しょうゆを一緒に加えて攪拌(かくはん)するといいそうです。
カボチャは種類や水分量で加熱後のやわらかさが変わってくるので、牛乳の量で調整をするのがポイント。いったん冷蔵庫に入れて冷やし、扱いやすくします。
ラップを使って丸く形を整えながら上部をひねって、ラップを外してゴマをふれば完成です。
早速食べてみると、甘みを加えず味付けは〝しょうゆとチーズ〟という組み合わせだから、男性も喜ぶおいしさです。ひなちゃんのお弁当のおかずにもぴったり。
「見た目がかわいいし、味もいいわ。カボチャの自然な甘みとしょうゆの風味、チーズのまろやかな味が絶妙なバランスね」と、〝イモ・栗・カボチャ〟が好物のママに太鼓判を押してもらいました。

《材料・4個分》
カボチャ ……………300㌘
粉チーズ…………………小さじ1
牛乳……………………………大さじ1~2
黒ゴマ………………………少量
しょうゆ…………………小さじ1

《作り方》
❶カボチャは皮をむき、一口大に切る(正味量270㌘)。耐熱皿に平らに並べ、ラップをふわりと軽くかけて600㍗の電子レンジで3分ほど加熱する。マッシャーや木べらなどで潰すか、裏ごす。
❷①、牛乳、粉チーズ、しょうゆを混ぜ、冷蔵庫で少し冷やす。
❸②の¼量をラップにのせて包み、上部をひねりながら丸く形を整える。残りも同様にする。ラップを外し、黒ゴマをふって器に盛る。

取材協力・江上料理学院
イラスト・南 ひろこ

ひなちゃんストラップ発売中(720円+送料155円)
産経メディックス☎03・6800・4517(土日・祝日除く)