魚の国 宝の国 SAKANA & JAPAN PROJECT

SAKANA & JAPAN PROJECT
Facebook Twitter Instagram
 

福島のお魚を食べよう
プロジェクト

「福島のお魚を食べようプロジェクト」とは

黒潮と親潮がぶつかる福島県沖の海域で取れる魚介類は「常磐もの」と呼ばれ、東京・築地市場でも高く評価されてきました。

しかし、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年がたった今も福島県の漁業は限定的な試験操業にとどまっています。風評の影響などで販路と販売の回復が進んでいないためです。

魚食の活性化を目的とした「SAKANA & JAPAN PROJECT」に取り組んでいる産経新聞社では、福島県の水産業の復興を応援する「福島のお魚を食べようプロジェクト」を立ち上げました。

産経新聞社のメディアを通じて、福島県の水産物の魅力や安心・安全の確保に向けた取り組みなどに関する情報を発信すると同時に、実際に消費者に食べてもらう多様な機会を設け、風評を払拭し販路と販売の拡大につなげることを目的としています。

本プロジェクトは復興庁の平成30年度「チーム化による水産加工業等再生モデル事業」にも採択されており、今後はさらに活動の場を広げていく予定です。

もっと見る

福島のお魚を食べようプロジェクト協賛

大川魚店

かに船

東京エネシス

東光高岳

無洲

Page Top